【Grafana】利用できるデータソースと可視化方法

【Grafana】利用できるデータソースと可視化方法

Table of Contents

  • データソースとは
  • Grafanaでデータソースを追加する方法
  • Grafanaの人気データソース
    • クラウドデータソース
      • AWS CloudWatch
      • Azure Monitor
      • Google Stackdriver
    • SQLデータソース
      • PostgreSQL
      • MySQL
      • Microsoft SQL Server
    • 時系列データベース
      • InfluxDB
      • Prometheus
      • Graphite
      • OpenTSDB
    • ロギングデータベースとドキュメントデータベース
      • Elasticsearch
      • Loki
    • その他
  • コミュニティ主導のGrafanaの人気データソース - Cloudera Manager - Consul - Druid - Google BigQuery - Googleカレンダー - IBM APM - Oracle Cloud Infrastructure - ClickHouse - Finance - DarkSky
  • サードパーティのデータソースのインストール
  • カスタムデータソースの作成
  • まとめ

Grafanaは、モニタリングや分析を行うための一般的なツールです。ダッシュボードを構築して、データを可視化、クエリ、分析したり、特定の条件のアラート通知を設定したりすることができます。最初から始めるには、【Grafana】基礎から応用まで、これで網羅!の記事と、Grafanaを基礎から解説 〜実際に導入までしてみる〜の記事をチェックしてください。この記事では、最も人気のあるGrafanaデータソースとその使用方法について詳しく説明します。

まずはMetricFire無料トライアルにサインアップして、インストールや設定なしで利用できるホスト型Grafanaサービスをご利用ください。この無料トライアルでは、ブラウザで直接Grafanaを使用することで、この記事の内容をフォローすることができます。

データソースとは

Grafanaでは、データを扱う際に、そのデータがデータベースに保存されている必要があります。データベースにはいくつかの種類があり。MetricFireのHosted Graphiteを使用するなど、他のシステムを使用してデータを保存することもできます(データの保存が主な目的ではありませんが)。

Grafanaデータソースとは、Grafanaがデータを引き出すことができる場所のことです。言い換えれば、データを分析するためにGrafanaにデータを読み込む必要はありません。その代わり、Grafanaとデータソースの間に接続を作成する必要があります。Grafanaは、接続されたデータソースと連携して、そこに保存されているデータを分析し、いくつかの洞察を導き出し、モニタリングを実行することが出来るのです。

Grafanaでデータソースを追加する方法

Grafanaでデータソースを追加するには、右上の歯車のアイコン(設定メニュー)にカーソルを合わせて、「データソース」ボタンをクリックします。

image.png

ConfigurationメニューのData Sourcesセクションで、Add data sourceボタンを押します。下のスクリーンショットでは、Hosted GraphiteやMetricfire-Prometheusなどのデータソースがすでに追加されていることがわかります。Grafanaをローカルに新しくインストールした場合は、データソースを追加するまでここにはデータソースが表示されません。普通、この画面において接続されているすべてのデータソースを確認することができます。

image.png

Add data sourceボタンをクリックすると、接続可能な公式にサポートされているデータソースの一覧が表示されます。

image.png

希望するデータソースを選択し、クリックします。次のステップでは、必要なパラメータ(URL, authorization details, namesなど)を指定します。

image.png

必要なパラメータの入力が終わったら、「Save &Test」ボタンを押すことを忘れないでください。

image.png

Grafanaが接続を確立すると、対応するメッセージが表示されます。その後、ダッシュボードセクションに移動して、接続されたデータソースのデータの探索を開始することができます。

Grafanaの人気データソース

ここでは、Grafanaで「箱から出して」利用できるデータソースを調査し、簡単に説明しましょう。これらのデータソースは、いくつかの主要なグループに分けることができます。

クラウドデータソース

このグループでは、巨大なクラウドプロバイダーからの監視ソリューションを見つけることができます。

AWS CloudWatch

CloudWatchは、アプリケーションとリソースを監視するためのツールです。クラウドベースのソリューションとオンプレミスの両方で動作します。

Azure Monitor

Azure Monitorは、Microsoftが提供する監視ソリューションです。アプリケーション、インフラ、ネットワークをトラッキングするサービスを提供しています。

Google Stackdriver

Stackdriverは、Googleが提供する類似の監視サービスです。

SQLデータソース

このグループでは、最も人気のあるリレーショナルデータベースを見ることができます。

PostgreSQL

高度なオブジェクトリレーショナルデータベースです。他の類似の機器にはない多くの機能を提供します。PostgreSQLでタイムスタンプ付きのデータを持っている場合、このプラグインを使ってGrafanaで可視化することができます。

MySQL

おそらく現在最もポピュラーなリレーショナルデータベースです。ここでもMySQLの時系列データをGrafanaで効果的に可視化することができます。

Microsoft SQL Server

MS SQL Serverは、PostgreSQLやMySQLと並んで、リレーショナルデータベース第三の人気ツールです。

時系列データベース

Grafanaのモニタリングや可視化には時系列データが最適です。

InfluxDB

時系列データを格納するための最もポピュラーなデータベースの一つ。InfluxDBは、時系列データを収集、保存、分析するためのツールのコレクションであるTICKスタックの一部です。クロノグラフはGrafanaと同じ役割を果たすTICKスタックのツールですが、Grafanaの方が柔軟性が高く汎用性の高いソリューションと考えられています。

Prometheus

Prometheusは、よく知られた時系列データベースとモニタリングツールです。Prometheusは、タグ付け、モニタリング、クエリ機能を備えた時系列データベースです。Metricfireでは、簡単にインストール、設定、利用ができるように、Hosted Prometheusとして提供しています。

Graphite

Graphiteは便利な監視ツールです。オンプレミスでもクラウドでもインストールできます。Graphiteの時系列データベースはクラスタネイティブではなく、Prometheusほど汎用性の高いタグ付け機能はありません。 しかし、MetricFireのHosted Graphiteサービスは、オープンソースのプロジェクトを拡張し、現在では以下の機能を提供しています。

OpenTSDB

OpenTSDBは、スケーラブルな時系列データベースとモニタリングシステムです。

ロギングデータベースとドキュメントデータベース

Elasticsearch

ElasticsearchはNoSQLデータベースとしても利用できる強力な検索エンジンです。

Loki

LokiはGrafanaのログ集計システムです。

その他

他にも公式にサポートされているデータソースはいくつかあります。

  • SimpleJson
  • Logz.io
  • テストデータDB

コミュニティ主導のGrafanaの人気データソース

人気のあるコミュニティ主導型のデータソースを説明してみましょう。

Cloudera Manager

Cloudera Managerは、Apache Hadoopを管理するためのツールです。監視やレポート作成のための機能も提供しています。このプラグインを使用してCloudera ManagerをGrafanaに接続し、Hadoopクラスタから収集したデータを使用してダッシュボードを構築することができます。

Consul

Consulは、クラウドサービスを接続し、セキュリティを確保するためのソリューションです。これにより、静的なアーキテクチャから動的なアーキテクチャへの移行を支援します。Consulは、接続されたサービスの健全性とパフォーマンスを反映するメトリクスを収集し、Grafanaで監視することができます。

Druid

Apache Druidはリアルタイム分析データベースです。コミュニティがサポートするプラグインを使用すると、GrafanaからApache Druidに保存されているデータにアクセスすることができます。

Google BigQuery

Google BigQueryは、データの信頼性の高い保存と効率的なアナリティクスを可能にするクラウドデータウェアハウスとして知られています。

Googleカレンダー

このプラグインを使うと、Googleカレンダーで予定されているイベントの情報にアクセスすることができます。各イベントについては、開始時刻と終了時刻があり、これが時系列ビューへの変換を行う方法です。

IBM APM

IBM Cloud Application Performance Managementは、アプリケーションの監視を可能にします。このプラグインを使用すると、GrafanaでIBM APMからメトリクスを収集し、可視化することができます。

Oracle Cloud Infrastructure

このプラグインを使用すると、Oracle Cloud Infrastructure Monitoring ツールに対してクエリを実行することができます。

ClickHouse

ClickHouseはオープンソースのカラム指向データベースで、ウェブ解析やゲームソフトなどでイベントに関する情報を保存するためによく使われています。イベント(例えば、ユーザーのクリックなど)は通常、日付-時間フィールドを持っているので、時系列データに変換してGrafanaで分析することが可能です。

Finance

このプラグインは、金融データを提供しているQuandl APIからデータを取得するために開発されたプラグインです。金融データは時系列のデータが多いので、Grafanaで簡単に利用することができます。

DarkSky

DarkSky APIは、天気の状況や将来の予報に関する過去の情報を提供します。このプラグインを使用すると、Grafanaの天気を監視することができ、多くのアプリケーションやユースケースで非常に重要になる可能性があります。

ちなみに、他にも多くのコミュニティ主導のデータソースプラグインがありますので、上記のリストはほんの一部です。また、開発者は常に新しいデータソースを作成し、コミュニティで利用できるようにしています。そのため、特定のデータソースが必要な場合は、コミュニティがサポートしているデータソースプラグインのページを常にチェックしておくと良いかもしれません。

サードパーティのデータソースのインストール

覚えていると思いますが、データソースの追加ボタンをクリックすると、公式にサポートされているデータソースの一覧が表示されます。ページを下にスクロールすると、「Find more data source plugins on grafana.com」というリンクが表示されます。

image.png

このリンクをたどると、利用可能なプラグインのページが表示されます(左側に選択メニューが表示され、プラグインの種類をデータソースとして表示しています)。

image.png

公式にサポートされているプラグインは「by Grafana Labs」と表記され、コミュニティでサポートされているプラグインは開発者の名前が表示されています。

image.png

ここで提供されているデータソースのいずれかをクリックすると、プラグインの詳細とインストール情報のページに入ります。

image.png

プラグインをインストールすると、Grafana UIの利用可能なデータソースのリストにデータソースが表示されるはずです。

プラグインのインストールに関する詳細な説明は、こちらを参照してください。

カスタムデータソースの作成

公式にサポートされているものやコミュニティが提供しているものの中から必要なデータソースが見つからない場合は、独自のデータソースを作成することができます。クライアントとの通信にHTTPプロトコルを使用しているデータベースであれば、どんなものでもカスタムプラグインを作成することができます。プラグインは、データベースからのデータを時系列データに変換して、Grafanaがダッシュボードのビジュアライゼーションで正しく表現できるようにする必要があります。

新しいデータソース用のプラグインを開発するには、3つのコンポーネントが必要です。

  • データソースJavaScriptオブジェクト(データベースとの通信と保存データの変換を担当します)
  • QueryCtrl JavaScript クラス (ダッシュボードのパネルでメトリクスを編集するためのもの)
  • ConfigCtrl JavaScriptクラス(このタイプの新しいデータソースの設定を行うため、またはユーザーが編集するため)

カスタム・データ・ソースの作成については、このドキュメントを参照してください。

まとめ

この記事では、Grafanaのデータソースを調査し、それらを利用する方法を説明しました。また、公式にサポートされている人気の高いデータソースや、コミュニティ主導のプラグインについても説明しました。最後に、サードパーティ製のデータソースをインストールし、独自のデータソースを作成するプロセスを紹介しました。

モニタリングやデータ分析のニーズにGrafanaを利用したいとお考えの方は、MetricFireのGrafana as a Serviceの14日間の無料トライアルがあることをお忘れなく。ご不明な点がございましたら、sales@metricfire.com までご連絡ください。

それでは、次の記事で!

You might also like other posts...
grafana Nov 27, 2023 · 7 min read

Grafana Tutorial - Annotations

This Grafana tutorial is about annotations. Grafana annotations are for users who want to... Continue Reading

grafana Oct 30, 2023 · 2 min read

Grafanaの使い方:アノテーション(注釈)を追加する方法

Grafanaは、ユーザーがデータベースを監視および分析できるようにすることで、パフォーマンスの問題を特定して修正するのに役立つツールです。 Grafanaは、さまざまな機能を備えた優れたグラフと視覚化で有名です。 この記事では、Grafanaの機能の1つである注釈についてです。 Continue Reading

grafana Oct 30, 2023 · 1 min read

Graphite vs Nagios - インフラ監視ツールを比べてみた

Graphiteとは? Graphiteは、2008年にリリースされたオープンソースの時系列系データの監視ソフトウェアです。これは、情報プル型の監視ソフトウェアであり、すでにある情報を取得して、そのメトリクスを収集し、記録して視覚化します。 Continue Reading

header image

We strive for
99.999% uptime

Because our system is your system.

14-day trial 14-day trial
No Credit Card Required No Credit Card Required